溶剤の毒性

溶剤の毒性

溶剤の危険性には,一般に麻酔作用などを呈し,しかも,習慣性になると神経系統に作用し障害を与える毒性がある。特に蒸気状態による呼吸器官を経る場合が多く,人体に及ぼす毒性は次の3種類に分類される。 ① 刺激作用 溶剤蒸気が粘膜を刺激し,目,鼻,のどなどに障害を与える。 ② 麻酔作用 多くの溶剤蒸気は体内に入ると中枢神経に作用し,胃痛,耳鳴りなどを起こし,これが激しくなると興奮,めまい,卒倒を起こし生命の危険を生ずることがある。一般に,この麻酔作用は持続性がないから新鮮な空気を呼吸することで回復するが,中毒性がある。シンナー遊びなどの悪用はこの作用によるもので,キシロール,トルオールなどの最も多く使用される溶剤にこの現象が多い。 ③ 特殊毒作用 溶剤の刺激作用および麻酔作用を強く受けたり,長期間定期的に受けたりすると一般に心臓,肝臓,じん臓などに障害を起こす場合がある。 このように塗料に用いる溶剤はその毒性,燃焼性がそれぞれの溶剤の種類によって異なり,塗料容器にはその内容を明記することになっており,管理上十分に注意をする必要がある。

●ご相談なら静岡県三島市の外壁塗装、塗り替えの市川塗装