金属系塗料

金属系塗料

外壁塗装に使われる金属系塗料には、非常にたくさんの種類があります。これを分類していくと、大きく次の三つに分かれます。一つ目は、油変性アルキド樹脂塗料。この油変性アルキド樹脂塗料には、合成樹脂調合ペイント、フタル酸樹脂エナメル、アルキド樹脂変性塗料の種類があります。合成樹脂調合ペイントは13種、アルキド樹脂変性塗料にはフェノール樹脂変性、エポキシ樹脂変性、塩化ゴム変性というものがあります。二つ目は、熱可塑性樹脂系塗料です。塩化ゴム系塗料やビニル系塗料、ラッカーエナメルといった塗料が含まれます。そして、三つ目は熱硬化性樹脂系塗料で、金属系塗料の中でも豊富な種類があります。具体的にはエポキシ樹脂系塗料、ウレタン系塗料、シリコン変性塗料、加熱硬化(焼付)塗料といったものが有名。エポキシ樹脂系塗料には、液型エポキシ樹脂塗料や厚膜型エポキシ樹脂塗料、タールエポキシ樹脂エナメルの3種類があります。金属系基材には、概ね、表に示す塗料等の仕上材が使われている。ウレタン系塗料として代表的なものは、アクリルウレタン塗料や常温乾燥形フッ素塗料など。加熱硬化塗料には、熱硬化性アクリル樹脂塗料、アミノアルキド樹脂塗料、耐熱・耐火塗料などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です