車と塗装

自動車の骨となる基盤は、鋼であるわけですが、一般的に最近では、電気の力を用いて、静電気で、塗料を付着させる静電スプレーなどを使って加工することが多いようです。静電気を用いた塗料が、付着力も強く、なおかつ水にも強いなど厳しい使用条件に耐えうる塗料としては、最適のものである、という風に言えるかもしれません。また、車として塗料を用いる場合には、石が飛んできたりだとか、生き物がぶつかったりなどという、軽い衝撃にも、耐えうるような設計であることが求められているため、強く作られているとも言えるでしょう。このようにして、選んだ塗料をスプレーなどを用いて、高温で吹き付けることで、しっかりと焼き付けるような形で、鋼の板に付着させるのが、車の一般的な塗装方法である、という風に言ってしまっていいかもしれません。最近では、車のカラーも様々で、顔料から樹脂溶剤などに至るまで、よく考えて選んでいると言われていて、車のカラーが広がれば広がるほど、塗装する人の苦労は増していくばかりかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です