リフォームに掛かる費用

リフォームに際して覚悟しなければならない出費は、住宅とお店とでは事情が異なります。お店のリフォームは営業休止を前提にしているため、休止期間中の売り上げも出費として計上しなければなりません。しかも住宅ローンのような制度が整っていないため、店舗リフォームのためにローンを組んでくれる金融機関は少ないのです。見積の仔細を提示することで、稀なケースですが融資を得られることもあります。しかし資金に乏しいお店のオーナーがそれを当てにするのはよろしくありません。自力で捻出する道を探らなければならないとお考え下さい。

もちろん融資を期待できない状況にあっても、分割払いに対応しているリフォーム業者は沢山ありますから、資金が不足しているお店は相談してみるとよいでしょう。分割払いの方法は一般的に、着工前、工事中、完了時の3つに分けて納入します。その他にも資金難を解決する方策は残されています。例えばキッチンで用いる機器は高額なものが多いとされますが、全てを新たに購入する必要はありません。キッチン機器のリース専門店が存在するので、そちらでレンタルすれば初期費用はそれほど掛かりません。リース専門店はリフォーム業者が紹介していることも多いため、相談されてみては如何でしょうか。

資金繰りに目途が立てば、業者と工事に仔細を話し合うことになります。業者は店舗側の制約にできる限り応じてくれるので、堂々と予算の上限を伝えることにします。その上限が十分なリフォームを実現しない可能性もありますが、理想を押し付け過ぎても業者を困らせることになります。予算内でどのように仕上げてくれるのかは、業者に一任するのも選択肢でしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です