火災保険

塗装業者は様々な誘い文句で受注しようとしますから、中には真偽の不確かな誘いも存在します。例えば火災保険で工事費用を減額できるなどと持ち掛けたりしますが、それは事実なのでしょうか。一般に火災保険が対象とするのは、火災、落雷、風災、水害等に限られます。つまり想定しているのは台風で直接被った損害であり、具体的には、屋根の修繕や損壊した外壁の補修に対して支払われます。ですから経年劣化が原因の剥がれを塗り直すのに支払われることはありません。但し、「外壁塗装工事」と「外壁の損壊の補修」との境界が曖昧であるのも確かで、場合によっては部分的に支払いが認められることもあります。

火災保険にも種類があり、住宅火災保険、住宅総合保険、オールリスクタイプ、特約火災保険等が挙げられます。一番知られているのは住宅火災保険でしょう。火災、落雷、風災といった基本的な災害で被る損害に対応しています。住宅総合保険はさらに水害や盗難にまで対象を広げて対応しています。ところで風災とは、台風レベルの風で屋根や壁の被害が発生したケースを指します。水害とは、豪雨による被害全般を指します。ですから豪雨とは関係のない、単なる雨漏りは支払いの対象になりません。

一部の塗装業者は火災保険の支払い対象の枠内で工事を請け負うことを目指し、多額の補修費用を見積もって保険金申請することがあります。しかし原則として単なる塗装工事は支払い対象外のため、保険会社もその額が妥当なものであるか、そもそも災害に関連した修繕であるのかをきちんと調べ上げる必要性から、すぐに応じることはありません。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です