手抜きの実態

外壁塗装工事の工程を大別して把握することで、工程ごとの目的が分かるのですが、こ
れは手抜き工事を見抜く上でも重要な心構えです。というのも、工程を詳しく知るように
なれば、不正の手口に想像が向かいやすくなるからです。手抜きの多くは人件費を抑える
ために行われます。例えば工事期間を短縮すると、短縮日数分の賃金を支払わなくても済
むわけです。しかし工事期間を短縮すれば必要な工程が確保できず、どこかの工程を省い
てしまうことになります。工事完了時、素人である家主には工事の出来を判断する術がな
いことから、一部の工程が省かれたことに気付くはずもなく、結局数年で劣化してしまう
のです。人件費以外の手抜きの例としては、塗料等を外国製のものにすり替えたり、必要
以上に希釈したりする手口が挙げられます。安い塗料も希釈した塗料も耐久性を担保でき
ないため、やはり数年で劣化してしまいます。
最も悪質な手抜きの例としては、下地処理そのものを省いてしまうものが挙げられます
。下地処理は塗装の仕上がりに直結する重要な工程です。汚れが付いたままの壁、凹凸の
酷い壁は、どんなに丁寧に塗装しても、すぐに剥がれてしまいます。ひび割れは塗料で見
えなくなってしまいますが、修繕されたわけではないので残り続け、家の腐食にも繋がっ
てしまいます。その他、重ね塗りの合間に十分乾燥させないケースが見られます。塗料が
定着せず、これまたすぐに剥がれてしまいます。下地処理や乾燥の工程を省けば工事日数
を減らすことが出来るため、悪徳業者なら実行し兼ねません。注意するようにしましょう

手抜き工事に対する防御策としては、工程ごとに写真撮影するようにお願いするのが有
効です。公共工事の現場では、長年この防御策が採られています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です