塗装に適した季節とは

外壁塗装工事は長期に及びます。ですから依頼者としては、なるべく晴天の続く時期に
お願いしたいのではないでしょうか。確かに激しい雨天時は工事が中断するばかりか、塗
装の仕上がりにも影響を与えてしまいます。ですから梅雨は避けた方が無難でしょう。で
はシーズンによって仕上がりに差は生まれるのでしょうか。大方の想像通り、春と秋は塗
装工事に適していると言えます。塗装業者の受注件数を比較しても、春と秋は抜きん出て
います。ただ、工事費用もそれに応じたものとなっており、一般に春秋の工事費用は高く
設定されています。夏や冬に工事するのが不可能なわけでもありませんから、敢えて安い
方を選択される方もいらっしゃるでしょう。但し、真夏の工事、真冬の工事に関しては、
塗装業者の管理スキルが試されるため、避けた方が無難です。真夏は湿度が高く、重ね塗
りの工程における乾燥が順調に進みません。一方、真冬は気温が5度を下回ってしまうと
、工事することが出来なくなります。
以上から言えることは、少々費用が高くても、やはり春や秋に発注するのが無難だとい
うことです。ただ先約が多いと予約を受け付けてもらえないこともありますから、どうし
ても特定の業者に依頼したい場合は、余裕をもって申し込んだ方が良いでしょう。待つこ
とのできない人は、梅雨の時期で妥協する他ありません。梅雨の時期なら気温の条件をク
リアしているため、人によっては狙い目かもしれません。強い雨が続くと工期は延びます
が、春や秋に比べて工事費用は抑えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です