外壁塗装の必要性

どれほど綺麗な家であろうと、10年経てば劣化します。特に外壁は見栄えにも影響するため、修繕の必要性を感じさせるはずです。塗装が剥がれ落ちたまま放置すれば、外壁だけでなく、家全体の腐食を早めてしまいます。ですからマンション等では管理組合が率先して修繕計画を立案し、10年毎にリフォームしているのです。マンションであればリフォーム代は積立金から支払われるため、オーナーが心配する必要はありませんが、戸建ての場合、家主が自分で計画を立て、費用も捻出しなければなりません。

戸建てもマンションと同様、10年サイクルを基本に据えて計画を立てることが一般的です。昔の家であれば5年で鉄や木が劣化し、問題が発生することもありますが、最近の家はアルミサッシを多用しているため、10年耐えられるように設計されています。10年を過ぎると紫外線を受け続けた壁は相当劣化してしまい、リフォームを余儀なくされます。

外壁塗装が必要だと感じたら、業者に連絡する前に確認しておくべきポイントがあります。一つ目は屋根です。最も風雨の影響を受けながら、ほとんどチェックされることなく放置されがちな箇所になります。粘土系、金属系、スレート系が主流ですが、いずれも経年劣化によって防水性が失われます。塗り替える必要があるかどうかを、細部までチェックしましょう。二つ目は鉄部です。外壁には鉄や亜鉛メッキ、アルミ、ステンレス等が用いられています。階段やフェンスが典型的な使用例ですが、これらの箇所はすぐに錆が発生します。新築時に塗られた塗膜の種類まで調べ上げ、業者に伝えるとよいでしょう。プロの目線で適切に塗り替えてくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です